トイレのつまり解消方法!道具がなくてもお湯でなんとかなるかも!

2018年10月31日

トイレが急に詰まった時に直したくても道具がないというケースが有るかもしれません。

こんな時の対応方法として、とりあえずお湯とバケツを使用した対応方法があります。

トイレのつまりの原因次第では、ラバーカップがなくてもお湯だけで詰まりを解消できることがあります。

今回は、お湯を使うだけで詰まりが解消できるケースと方法についてご紹介しますので、ぜひやってみてください。

【関連記事】  トイレつまりの解消は自分でできる!ラバーカップの使い方と種類

トイレが詰まる原因は?お湯で解消できるケース

トイレの詰まる一番の原因は、排水管の形状は下水の臭いをブロックするために、配管の途中がS字に湾曲しているので、そもそも流れにくい形状となっています。

トイレの詰まりが発生する部分は、このS字になっている部分でこの部分に便や、トイレットペーパが溶け残ってしまい、これらが溶け切る前に新たに流すとそこに堆積され詰まりとなってしまうのです。

また、固形物を落としたときも同様に詰まりの原因となってしまうので、すぐに取り除くようにしましょう。

代表的なトイレが詰まる原因

■大量のトイレットペーパやティッシュペーパ

トイレットペーパーでも丸めたりたくさん流すと詰まる原因になります。

水に溶けやすい性質になっていますが大量に流すことにより、密度が高くなると溶けづらくなると言えます。

そして、外見上の違いはなくても材料が異なるティッシュペーパーも詰まりやすい代表格として知られています。

意外にもティッシュペーパーは水に溶けにくい性質を持っているので注意が必要です。

■お掃除シートや猫砂などのトイレに流せるとされている商品

ここ最近多く見られるのが水に流せる商品類を詰まらせてしまうものです。水に流せると言われるものも量が多くなりすぎるとつまります。

先に流したものが、流れきるまでに次に流してしまうとつまりの原因となってしまうため、注意が必要です。

トイレットペーパー以上に溶け易いのものはほとんど見られないので、どれだけ水に流せるとは言えども極力そのまま流すのは差し控えたほうが安心できると思います。その中でも猫砂を流す際はご注意ください。
猫砂は商品によっては、処理をしやすくするために水分を取り込み塊となるタイプがあります。

猫の砂の塊を、そのままトイレに流してしまうと、更に水を吸って膨張しつまりの原因となりますので注意が必要です。

猫砂を流すときには、細かく砕いて一度に流すのではなく数回に分けて少量ずつ流すようにしましょう。

■過度な節水

トイレの水量は、1回の操作で流し切るように元々水量が調整されていますが、節水のために大を小でながしたり、タンクの中にペットボトルを入れて水量を調整すると言った行為は、排泄物を流すのに適量に調整された水量を更に制限をかけることになり、配管内に排泄物が滞留し、詰まりの原因となります。

最近のトイレは接水機能が元々注いているものも多いので、過度の接水には控えるようにしましょう。

■嘔吐物や食品

急に吐き気をもよおしたりした時に、トイレに駆け込みたくなりますが、水に溶けない物質は詰まりの原因となります。

お湯で詰まりが解消できるケースはどんな時?

トイレットペーパや紙類、排泄物などのお湯でふやかす事ができるものに対して有効となります。

お湯での対応が不向きなケース

お湯で対応することによって、詰まりの状況が悪化するケースがあります。

お湯に溶けにくい固形物や、異物の場合にお湯を使ってしまうと余計に奥に入り込んでしまいます。

そうなると。大規模工事に発展する事になり、高額な費用が発生することになってしまいます。

詰まり状態を悪化させないために、原因を絞り込む必要があります。

症状から詰まりの原因を絞り込む方法

ここでは、詰まっている状態の重度から原因を絞り込む方法に注いてご案内します。

※詰まりの重度は数字が上がるほど大きくなっています。

重度1)水が徐々に引いていくケース

トイレ内の水位が一度溜まっても、徐々に引いていく場合は水が流れているので症状としては軽度と考えられます。

この場合の主な原因は以下の原因が考えられます。

■トイレットペーパーや、紙類等

■便や尿石など

この場合は、固形物ではない可能性が高いので、今回ご紹介するお湯を流してつまりを解消する方法が使用可能となります。

重度2)水が逆流する、ゴボッと音が出る。

先程のケースよりは症状は重くなっていますが、水が流れる気配があるため、まだ対応できる可能性があります。

この場合に詰まっているものは、以下のものが考えられます。

■猫砂などのトイレに流せる商品類

■より大量の紙類や便など

この場合は、お湯を流して詰まりを解消する方法については不向きなケースだと言えます。

トイレの中の水をバケツなどで汲み取り、ラバーカップで詰まりを取る方法をおすすめします。

重度3)水が全く流れず、溢れる。

完全に詰まってしまった状態と言えます。

トイレの水の引きが悪い状態で、更に使い続けることによって滞留物の上に更に異物が重なり、詰まりの症状が悪化している状態です。

考えられる詰まりの原因としては、大量のトイレットペーパなどの固形物が完全に排水管を塞いでしまっているこが考えられます。

対応方法としては、早めにラバーカップで吸引をするか修理依頼をする方向となります。

【関連記事】  トイレつまりの解消は自分でできる!ラバーカップの使い方と種類

お湯とバケツで詰まりを解消する方法

先程の症状から詰まりを絞り込む方法で、詰まりの原因がお湯で解消できるものであると絞り込めましたらお湯とバケツを準備しましょう。

ただしここで注意事項があります。

お湯の温度が高すぎると、トイレにかけた時に急激な温度ショックによりひび割れが発生してしまうことがあるようです。

また、手などにかかってしまった時に火傷にもなってしまうので、お湯の温度は必ず40℃~60℃の範囲にしましょう。

手っ取り早く50℃のお湯を用意する方法は、熱湯と同じ量の冷水を混ぜることによって

50℃ぐらいのお湯がすぐできますので簡単です。

■詰まりを取り除く手順

手順1)40℃~60℃のお湯とバケツを用意する。

手順2)便器に溜まった水をバケツで取り除く。

手順3)バケツで水を流してみる。
排水口に高所からピンポイントで水を流してみてください。
高ければ、高いほど効果が得られます。

出展:https://0120656889.net/toilet/toilet13/

手順4)同じようにバケツでお湯を流してみる。

バケツで高所から排水口をピンポイントで狙って水を流します。水圧で詰まりを奥へ押し流す効果に加えて、お湯によって詰まりをふやかす効果が加わりますので、よりつまり解消の効果が期待できます。

更に、お湯にお酢や重曹を加えるとより一層効果が期待できます。

お湯を流した後は、ある程度の時間放置して詰まりをふやかすことが必要です。

一時間ほど放置したら、バケツを出水を流してみてスムーズに流れるようになっているか確認しましょう。

この方法で治らない場合は、詰まりの原因が他にあるかもしれませんのでラバーカップで詰まりを取るなどの対応が必要となります。

【関連記事】  トイレつまりの解消は自分でできる!ラバーカップの使い方と種類

まとめ

いかがでしたでしょうか

今回は、トイレが急に詰まった時に道具がないと言った場合できることとしてご紹介しました。

いざという時に、お湯で詰まりが解消できるとなると助かりますよね。

でも、お湯で詰まりが解消できるケースはかなり軽度の場合だけのようですので、ラバーカップを準備しておくことをおすすめします。

最後までお読みいただき有難うございました。