ジョブチューン/中高年の悩み2位肩こりに効果的な食材と運動とは?

2018年9月19日

2018年8月11日のジョブチューンで、中高年が心配している体の不調の予防・改善に

効果的な食べ物ということで放送されました。

その中で中高年、高齢者が自覚している体の不調で『肩こり』が2位ということでした。

男性・女性別で言うと女性の心配している体の不調で1位、男性では2位ということです。

予防改善に効果的な食べ物と、運動について紹介されました。

この内容を消化してくださったのは、肩こり治療のスペシャリストで、整形外科医の

中川照彦医師です。

中川医師は、日本肩関節学会の理事を務め、更に日本ハムのチームドクターで

大谷翔平の肩を見てきた肩関節治療の第一人者ということです。

これは効果がものすごく期待のできる内容になると思いますね!

【関連記事】  ジョブチューン/女性必見!しみ、しわに効果のある食材と運動を公開!
【関連記事】  ジョブチューン/女性必見!しみ、しわに効果のある食材と運動を公開!

 

そもそも肩こりの原因って何なの?

中川医師によると、肩こりの原因は僧帽筋の血流が滞るのが原因ということです。

僧帽筋は重い頭をささえていることと、5kgある腕を2本で、合計10Kgを支えて

いる筋肉で、日常生活で非常に酷使されている筋肉で疲労が溜まって、血流が滞りやすい

ためということです。

肩こりの予防改善に効果的な食べ物とは?

血流を良くするには、血流を良くする成分を摂取するのが効果的です。

その成分とは、ビタミンEということです。

番組では、ビタミンEが豊富な食材として女性に人気のあの果物が紹介され

ました。

その果物とは、『アボカド』でした。

アボカドのビタミンEの含有量は、2位のブルーベリーなんと2倍の含有量

とうことです。

アボカドの肩こりの予防改善の効果検証について

番組内ではアボカドの肩こりの予防改善の効果検証として、10日間毎日食べて

10日前の筋肉の硬さを筋硬度計で測定して比較をしました。

その結果、アボカドを食べる前と食べた後では実験に参加した6人全員の

方の筋肉が柔らかくなったということです。

アボカド恐るべし・・

アボカドを美味しく、より効果的に食べられる簡単なレシピとは

血流を良くする、ビタミンEを多く含むアボカドにある食材をプラスして調理することで

さらなる効果が得られ、美味しく食べられるそうです。

超簡単肩こり改善レシピ①:アボカドの海苔わさび和え

■材料(二人分)

  • アボカド大1個
  • (種と皮を外して200g)
  • わさび(チューブ) 小さじ1/2
  • 酢         小さじ1
  • しょうゆ      小さじ2
  • オリーブ油     大さじ1
  • 焼海苔      1/2枚

■作り方

  1. 皮と種を外したアボカドを1.5cm角のサイコロ状に切る。
  2. わさび、酢、しょう油、オリーブ油をボールに入れてよくかき混ぜ調味液を作る。
  3. カットしたアボカドを入れ、混ぜ合わせる。
  4. ちぎった焼き海苔をふりかける。

■メモ
焼き海苔には、筋肉の披露を助けるビタミンB1、B2を多く含むそうです。

超簡単肩こり改善レシピ②:豚巻きアボカドの照り照り焼き

■材料(二人分)

  • アボカド                        1個
  • 豚ロース薄切り肉 10枚
  • 塩・胡椒 少々
  • オリーブ油                大さじ1
  • しょうゆ                    大さじ1
  • みりん                         大さじ2
  • レモン汁                   小さじ1

■作り方

  1. 皮と種を外したアボカドを縦長に5等分にカットする。
  2. 豚肉を1に巻きつける。
  3. 塩・胡椒で味をつける。
  4. フライパンにオリーブ油を引き、中火で肉に火が通るまで焼く。
  5. しょう油、みりん、レモン汁を加えとろみが付くまで炒める。

■メモ

豚肉は疲労回復効果があるビタミンB1・B2を肉の中では豚肉が特に多く持つそうです。

肩こりの予防改善に効く食材についてツイッターの声

肩こりを予防改善する、超簡単なストレッチ

肩こりの予防改善について中川医師がすすめるのは、日本相撲協会が推奨している相撲健康体操

肩こり用にアレンジしたものです。

肩こり改善・予防体操①:「てっぽう」

■やり方

左右の腕を前に突き出すものですが、ただ腕を前に出すだけではなく、肩甲骨全体を使って肩全体を前に出す。

これを左右交互に朝夕10回ずつ行うと効果的らしいです。

てっぽうの効果

僧帽筋のストレッチにより、僧帽筋が伸びて血流が良くなるそうです。

肩こり改善・予防体操②:「土俵入り』

■やり方

1.両腕を90度に曲げて後ろにぐっと引く。このとき肩甲骨をくっつけるイメージで。

2肘を伸ばして、胸の前で柏手を打つ。

3手のひらを上に向け、横にぐ~っと一直線に広げる。

4手のひらを上に向け、横に一直線に広げる。

5手のひらを下に回し、腕を下げる。

『土俵入り』の効果

腕を肩甲骨がくっつくまで広げることによって、僧帽筋や三角筋に作用し

血流が良くなり、肩こりの改善につながるそうです。

朝夕5回ずつやるのが効果的のようです。

まとめ

肩こりにお悩みの方は大勢いらっしゃいます。

私もその一人ですが(汗)

アボカドってスーパーに行けば安く買えますし、肩こり予防改善体操も、短時間で楽にできる

ないようですので、早速やってみたいと思います。