大谷翔平 初ホームランを無視される?!大谷の反応に米ファン歓喜?!

2018年5月30日

■大谷翔平上々のメジャーデビュー

大谷翔平がメジャーリーガとして開幕をしてから、まだ10日ほどですが、早くも二刀流大谷翔平のずば抜けたパワーに、

我々日本人だけではなく、アメリカのメディア、ファンも驚きと歓喜の声で盛り上がっていますね。

ピッチャーとしては、4/1に初登板をしアスレチックス戦に先発し、6回を投げて3安打6奪三振1四球で3失点に抑え

初登板初勝利を挙げました。

 

■メジャーデビュー初ホームラン! 待っていたのは?

打者としては4/3に本拠地インディアンズ戦で8番DHでメジャー初打席を迎えました。

ピッチャーは昨年メジャー10勝を挙げている右腕のジョシュ・トムリンでしたが、初回2死満塁の場面でトムリンは大谷相手

に制球に苦しみ4球目にワイルドピッチで失点をし、なお2死二、三塁。2ボール2ストライクからの6球目から内角低めに投じた

カーブをジャストミートしました。




打球は右中間へ飛び込みメジャー1号となる3ランホームラン!!

ボールがスタンドに入ると熱狂に沸くスタジアム。耳をつんざくような大歓声を浴びながら、

ダイヤモンドを一周駆け抜けチームメイトの待つベンチに戻ってくると、フェンス際のナインはなぜか

大谷に見向きもせず、まさかの“無視”。

メジャーで流行の初ホームランのメジャーで流行している「サイレントトリートメント」といわれるジョークを交えた祝福

の儀式ということですが、この時のかまってくれという仕草がアメリカファンの心を鷲掴みにしてしまったそうですね

ベンチに帰ってきても、メンバーはグランドをじっと見つめたまま

そして大谷が誰かの背中に飛びつくとインが一斉に振り返り、取り囲んで手荒い祝福を繰り出し、大谷の表情にも笑みがこぼれましたね

それにしても、これは仕掛ける方も笑いをこらえるのが大変だったと思いますよ^^

大谷に最初に飛びつかれた選手の笑顔を見ればわかりますよね!




■大谷のリアクションに米ファン歓喜

この時のベンチの大谷のリアクションに対して、米ファンの反応は

米ファンが「歴代で最もキュートなリアクション」「打った時はクール、だが帰ってきた時はお茶目だ」と虜になっている。

大谷のメジャー1号に対しての米ファンのコメントは

「これほどのHRを打つ男がピッチャーだと…?」
「愛すべき沈黙の洗礼」
「ショーのショータイムは始まったばかりだ!」
「さぁ、伝説の始まりだ」
「アメリカに新たな野獣が誕生した瞬間だ」
「MLBで歴史に名を刻んだスイングとなった」
「これから何百本打つHRのプロローグだ」
「華麗なスイング、力強い伸び…最高のホームランバッターだ」
「スーパーヒーローがアメリカを虜にした」
「史上最高。日本の象徴だ!」

「オオタニのリアクションがかわいすぎる!」

打った時はクール、だが帰ってきた時はお茶目だ」

「愛すべき沈黙の洗礼」

「もう、みんなに愛される存在になってるな、オオタニ!」

「歴代で最もキュートなリアクションだった」

チームだけではなく、米ファンの心をしっかり掴んだと言えます。

大谷は米でのスタートをいい形で切ったのではないでしょうか