カーショー 大谷は「もう興味ない」

2018年4月8日

カーショーが大谷斬り「もう興味がない」

大谷がドジャースとのオープン戦に「7番DH」で出場したが、サイヤング投手カーショーの
カーブに手が出ず、見逃し三振に終わったそうです。
大谷との対戦を聞かれたカーショーは「もう興味がない。僕らのチームに入らなかった
のだからね、まあ頑張って」と淡々としていたそうです。
まあそうですよね。
カーショーはサイ・ヤング賞回受賞のメジャーを代表する投手だし、大谷は今年日本から
アメリカに渡ったルーキで、まだ何も実績がないわけですからね。
日本のマスコミは、毎回日本選手がアメリカに渡ると、「○○選手はどうですか」みたいな感じで
すごいと言ってもらって自己満足したい感じがいつも出てますが、同じ日本人として見てて恥ずかしい
感じがします。
たまには、逆質問でアメリカ人に「カーショーってすごい投手ですね!」と逆ボメしてほしいと思いますが日本人記者には無理でしょうね。
日本人はどうやら外国人の上に立ちたいらしく、テレビ番組でも「ぶっこみジャパニーズ」であったり
日本はすごい系の自己満足番組が増えてきていますし、日本人というのはやはり褒められるのは好きだけど褒めるのは苦手な民族なんでしょうね
まあこれから、大谷がシーズンに入って調子を上げ、メジャーで活躍できるようになれば、カーショーも見る目が変わるででしょう。




とは言えカーショーは大谷のドジャース入団の説得にに呼ばれていたが、結局大谷がエンジェルスに決めたことで「とてつもない時間の無駄だった。DHでやりたいと事前に決めていたようだった。時間と労力を無駄にさせた代理人には怒りを感じる。初めから15球団を排除するべきだった」と怒りを表していたとのこと。

今後の大谷の成長とカーショーとの勝負に注目していきたいと思います、