ビートたけしさん独立騒動が話題!

2018年4月8日

ビートたけしさんの独立騒動が話題になっています。
お笑い芸人で映画監督のビートたけしさん(71)が所属事務所「オフィス北野」を3月末で退社し、独立する意向であることが14日、分かった。同社が明らかにした。

同社によると、たけしさんから「これまで背負ってきたものを、いったん下ろしたい。自分の時間を増やしたい」と申し出があったということです。

今回の独立には愛人問題が浮上しており18歳下のビジネスパートナーの存在があるとの報道もあります。
今後につきましては、その女性と設立した「T・Nゴン」で活動するとのことで来月の新年度から活動すると思われます。
また、愛人とされる女性の別情報として、2014年発売の『週刊文春』)で、“たけしの愛人”として報じられた人物と報道されています。
週刊文春によると当時49歳だった女性は、たけし名義の都内マンションで暮らし、たけしから贈られたという100万円のバーキンを手にする姿もキャッチされています。

過去には、ホテル事業を行っていたとされますが、今ではたけしのビジネスパートナーとなっているようです
そんなビートたけしさんですが、司会を務めるTBS「新・情報7daysニュースキャスター」で先月急死した、大杉漣さんを偲ばれておられました。
たけしさんと、大杉漣さんの関係は本当の兄弟のように見えました。
たけしさんは涙声で「俺が生かして俺が死なせたみたいな感じ。申し訳ないなと思ってさ。だけど早いよね。人間って自分に近い人の死は堪えるね」とコメントされました。

また大杉漣さんがなくなった直後「亡くなったっていうのは分かるんだけど、大杉さんって誰のことかすぐに理解できなかった」とコメントされていたそうです、

大杉漣さんを身近な存在と思っていただけに、報道されたのがが大杉漣さんとは思えなかった。ということでしょうか



どんなときも明るく、コスプレや、ギャグで出演者や私達見てる人を笑わせてくれたたけしさんのあんな痛々しい姿を見るのは初めてで、この人は普段はふざけてるけど、人情味にあふれている人なんだなと改めて思いました。

ただはっきり言えるのは、ビートたけしさんは、テレビタレントとして、映画監督として日本を代表する人物だけに、今後の動向に大きな注目が集まるでしょう
芸能界を揺るがす事態ということは間違いないと思います。
今後の動向に注目していきたいと思います。
また、早く元気になっていつものみんなを笑わせてくれる(表向きだけではなくて)
たけしさんに戻って欲しいとおもいます。