鳥取中学生の軽トラ事故で思う事

話題・ニュース

■鳥取中学生3人が軽トラを盗み死亡事故

鳥取で何と言えない痛ましい事故が起きてしまった。
「中2運転 同級生死亡 縁石衝突、荷台から転落」
車は男子中学生3人が乗った軽トラックで、荷台にいた同市内の中学2年生(14)が走行中に道路に転落し、全身を強く打って搬送先の病院で死亡したとのこと。
しかも、この軽トラックは盗難車ということで、この中学生3人組が軽トラを盗んで、無免許で事故して事故を起こしたということで、更に事故後救急車を呼ばずに別の車で
投げ出された友人を病院に運んだということのようです。
もし、この時に救急車を呼んで、適切な応急処置等をしていれば一命はとりとめていたかもしれませんね。
まあ、その前に朝の4時に中学生が車を盗んで、無免許で軽トラを走らせてといことで、しかも国道でということで、、、
亡くなった子と、親御さんは気の毒ですが、起きて当たり前というか起きない方が不思議と言っても過言ではないと思いますね。
今回事故を起こしたこの3人組ですが、全く面識もありませんが、どうゆう子たちだったというのは容易に想像できますね。
・未成年での喫煙、飲酒
・学校の規則を守らない。
・服装が乱れている
・頭髪が校則違反している。

等々、普段から生活における、いろいろなルールを守らずだらしない生活を送っている
小さなルールを守っていないことが1つずつ積み重ねた結果、今回の大事故に
つながったのではないでしょうか。

■躾のできない親が増えている
話は変わりますが、よくスーパーで小さい子を連れたお母さんたちがいますが
子供たちが店内の中を鬼ごっこしたり、走り回ってたりしている所を見かけます。
そして、お母さんたちはその様子を笑って見てて注意もしないという状況
自分の子供に対して注意ができない、しつけができない親が多すぎる時代になってしまいました。
そして悪いことに、他人が叱りでもしたら、その叱った人に対して親が腹を立てるという。
変な時代になってしまいましたね。
もしこの記事を見て、少しでも自分はどうなのか振り返っていただいて、叱るべき時には叱る!。
甘やかすだけが子供のためにならないと認識していただければと思います。
今回の事故を起こした子供たちの親御さんたちが、子供たちを甘やかせていたか
どうかは分かりません。
しっかり、躾をしていたのかもしれません。
ただ、このような事故が発生する確率は、普段からルールを守っている人よりも普段からルールを守っていない、守らせていない家庭から起きる方が高いと思います。
子育ての参考になればと思います。