丸佳浩 のFA行使の行方は?ロッテに移籍するのが最善だと思うワケは

丸佳浩

広島の丸佳浩選手がFA権を行使してから、丸獲得を目指す巨人とロッテの提示条件がどんどん膨れ上がっていますよね。

丸選手がどのような選択をするのかは本人でない限りわかりませんが、個人的には千葉ロッテに移籍するのが丸選手にとっては最善でないかと思っております。

ちなみに私はロッテファンではございません。

丸選手のFAはロッテに移籍するのがベストとだと思う理由について書いていきます。

【関連記事】  丸佳浩のFAは?巨人の提示条件が青天井だが移籍先は○○と予想!

丸佳浩がロッテを選択をするのがベストだという3つの理由

理由1:契約条件の面

現時点、丸選手の獲得に大きく動きを見せているのが巨人とロッテの2球団、そして宣言残留を認めた広島を含めると3球団の三つ巴となっています。

丸自身の希望は契約金より長く契約できる環境を望んでいるということでした。

 

読売巨人軍は5年契約35億円(5年40億円まで想定) 背番号8提示
千葉ロッテマーリンズは6年契約30億円 監督手形付き
広島カープは4年総額12億円(出来高によって17億円前後)

 

こうしてみますと、千葉ロッテマリーンズが契約年数が長く、また将来は監督も約束されています。

ですので、引退後はコーチ等指導者としての経験を積みながら、最終的に監督という仕事まで約束されているので、丸が将来の生活のことまで考えるのであれば、一番有りなのではないでしょうか。

理由2:巨人に移籍した場合、将来の保証はないこと

丸獲得に向けて、金銭的一番高い条件を出しているのは巨人ですが、今年の巨人には例年以上に優勝の重圧がかかってくるでしょう。

特に丸佳浩の獲得に、6年30億円もの条件を提示しているのは優勝請負人としての期待が大きいのと同時に、それだけの責任を背負わせているということですので、調子を崩して成績が落ちたときに、尋常なないほど圧力を与えられることと思います。

また、2017年にチームで一番打っていた村田修一に対して、2000本安打を目前とした状態であるのに若手育成のためといってクビにしてしまいました。

各チームの選手たちは、あれは酷いと口々に言っていったようです。

巨人は選手を獲得する際には、「新しい血を入れてほしい」「優勝するためには君の力が必要だ」とその気にさせますが、調子を落とした時には非常とも言えるほど冷酷な扱いをする球団ですので、丸のことを考えると、巨人には行かないほうがいいと思います。

ちなみに私は巨人ファンです(汗)

理由3:パ・リーグの球団であること

何故パ・リーグの球団であることを理由に上げたかということですが、パ・リーグならではのメリットが3つあると思います。
1)DH制があること。
将来体力的に落ちてきたり、同じポジションのライバルが出てきてもDHがあることに  よって試合に出場することができる。

2)広島で試合をしなくていいこと
巨人に移籍した場合、ズムスタで裏切り者扱いされ執拗に野次が飛ぶ。ファンも丸も辛いと思う。

3)パ・リーグの方が選手のレベルが高いこと
本人もレベルの高いところでプレーをしたいと言っている。

以上3つの理由により、ロッテに移籍したほうが丸にとっては一番いいのではないかと思います。

ネットのファンの声は?

目先の金額では巨人には勝てないかもしれないが、ロッテは将来的に監督まで約束すると言っているし、村田修一のように2000本安打目前で解雇になることもない。

カープファンの反発も少ないのでロッテがいいのでは?

マネーなら巨人だが、2000本安打や監督を考えるならロッテかと。

巨人に行ったら確実に潰されます。
過去にFAで来た江藤や清原がその例ですから。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は丸佳浩の移籍先はどこが一番いいのか考えてみました。

私自身は巨人に行って欲しいのですが、今回丸に提示している条件を見ると優勝への過度なプレッシャーがかかることが予想されます。

過去、巨人に移籍して潰れた選手は何人もいますので、巨人に行くと言う決断をする際には相当な覚悟を持って望まないといけなくなるでしょう。

将来の生活のことまで考えて選択するのであれば、ロッテを選択するのがベストだと思います。

最後までお読みいただき有難うございました。