松坂大輔 平成の怪物と呼ばれ伝説となった高校時代の成績がやばい!!

松坂大輔

横浜高校で春夏連覇し、平成の怪物と言われた松坂大輔ですが、昨年ソフトバンクから

戦力外通告され、今年より中日で再スタートを切っています。

野球のことはよくわからないけど最近大谷の活躍で野球を見始めた方とか、松坂大輔

ってすごい人なの?という方の疑問に答えるために松坂大輔について、いろいろ深掘り

していきたいと思います。

今回は平成の怪物と言われる所以について書いていきますのでぜひ見てください。

松坂大輔のプロフィール

  1. 名前:松坂 大輔(まつざか だいすけ、
  2. 誕生日:1980年9月13日
  3. 出身地:東京都江東区出身
  4. 身長:183cm
  5. 体重 93Kg
  6. 所属球団:中日ドラゴンズ所属
  7. 妻:柴田倫世(フリーアナウンサー)
 

松坂大輔の子供時代

小学3年生から、江東区の東陽フェニックスに入部し野球を始めたということみたいです。

それまでは、5歳から小学3年生まで剣道に打ち込んでいたということですが、剣道の剣を

振り下ろす練習が後に怪物投手となるための下地を作り上げていたのですかね!

 

「平成の怪物」と呼ばれた高校時代~選抜まで

横浜高校時代は横浜高校で2年の夏の大会前に、エースナンバー「1」をつけ、神奈川県大会

決勝まで進んだが、連投による疲労が重なったためか連打を許し、最後は自らのスクイズを警戒

して外したボールが暴投となり、サヨナラ負けを喫してしまった。

サヨナラ暴投により2年生夏は県大会決勝で敗退となり、松坂大輔は「3年生に申し訳ないことを

した。

先輩達の夏はもうないんです・・・。」と泣き崩れたという。

松坂にとってこの1敗が転機となりました。

松坂はこれまで、「サボリのマツ」と言われるほどの練習嫌いであったが、この敗戦後奮起し、

死にものぐるいで練習に打ち込んだそうです。




そして、3年生時には直球は150km/hオーバの球速を出し、鋭い切れ味のスライダーを武器

に超高校級の投手として「平成の怪物」として注目を浴びることとなりました。

1998年の第70回選抜高等学校野球大会では主役は言うまでもなく、松坂大輔でした。

5試合全てを一人で投げ抜き3完封。

45回を投げて被安打22、44奪三振とまさに圧巻のピッチングでした。

この大会は他校寄せ付けず圧倒的な内容で松坂大輔要する横浜高校が優勝しました。

夏の甲子園決勝でノーヒットノーラン!伝説となった最後の夏

最後の夏となった第80回全国高等学校野球選手権大会は激戦となりました。

準々決勝では上重聡(現日テレアナウンサー)揺するPL学園と激突!

この試合まで1失点しかしていなかった松坂大輔ですが、連投の疲れと相手がPL

学園という重圧からボールが走らず初夏から失点を重ねていく苦しい展開となりました。

この試合は、両チーム譲らず取っては取られのシーソーゲームとなり、17回の表に

横浜高校が2点を上げ、結果これが決勝点となって、延長17回までつづいた壮絶な

試合に決着が付きました。

この試合松坂は実に17回を、そして球数にして250球を一人で投げきりました。

米国では以前より、肩は消耗品だという考え方で米国では1試合100球までを目安に投手

交代を行っておりますが、ようやく最近になって日本でもその考え方が浸透してきている気配が

ありますが、ここ数年の話であり、この20年前の時点ではその考えをする人はいなかったこと

と思います。

高校時代の酷使でプロに行く前または行ってすぐに引退を余儀なくされた投手は多くいます

 別記事で、肩は消耗品であることについて書いていきたいと思います。乞うご期待)

そして翌日の準決勝は寺本四郎擁する明徳義塾との対戦となりますが、前日250球を投げて

いるだけにこの試合は1イニングのみの登板となりましたが、しっかり無失点に抑え逆転

を呼び込む働きをしています。

そして今でも語り継がれる決勝戦ですが、相手の京都成章戦では嶋清一以来59年ぶり史上2人目

となる決勝戦でのノーヒットノーランを達成し春夏連覇を達成しました。

この年の松坂の成績はそして、神宮大会優勝、春センバツ優勝、夏全国優勝、国体優勝の四冠達成

という快挙を達成で公式戦44戦無敗というまさに伝説級の記録を作り出しました。



まとめ

松坂大輔は高校3年のときに、甲子園夏決勝をノーヒットノーランそして今でも不滅の記録となっている

年間公式戦44勝無敗というとてつもない記録を打ち立てました。

高校2年の時の挫折から這い上がり、高校3年生で「平成の怪物』と言われるほどまでに努力、成長した

松坂大輔は本当に人間として素晴らしいとおもいます・・・が、また別の記事で波乱万丈の人生について

書いていきたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。